学修成果の作成


この制度を利用して学士の学位を取得するためには,単位の修得とともに,学位の取得を希望する専攻の区分に即した特定のテーマ(課題)について,「学修成果」と呼ばれるレポートを作成することが必要です。なお,専攻の区分「音楽」または「美術」においてはレポートのかわりに,作品や演奏の記録などを学修成果とすることもできます。
 「学修成果」は,単位の修得によって培われた学力が,各専攻の区分における学士の水準に達しているかどうかを審査するための資料として提出を求めるものです。したがって「学修成果」のテーマは,申請者がすでに単位を修得した授業科目のうち「専門科目」に該当すると判断した授業科目を基礎として申請者自身が設定します。
  学修成果についての詳細は「新しい学士への途」(各年度版)を参照してください。




 基礎資格を有する者のいずれかに該当した後,大学の科目等履修生制度などを利用して単位を修得します。単位の修得先としては,大学の科目等履修生制度によるほか,機構が認定した短期大学・高等専門学校の専攻科,大学の専攻科,大学院などでも履修することができます。
 単位の修得にあたっては,専攻に係る専門の学芸を体系的に履修するとともに,幅広く深い教養及び総合的な判断力を培い,豊かな人間性を涵養するよう適切に配慮して履修しなければなりません。短期大学,高等専門学校,専門学校等ですでに修得した単位とあわせて,上記の趣旨に適合するように大学等で授業科目を履修して,単位を修得することが必要です。  



 機構では,学士の学位を取得するにあたり,短期大学,高等専門学校などにおける一定の年限にわたった「まとまりのある学修」を基礎として,さらに大学等において新たな学修を積み上げることを求めています。この制度を利用できるのは,以下のいずれかに該当する方(以下「基礎資格を有する者」といいます。)です。


  • 短期大学を卒業した者
  • 高等専門学校を卒業した者
  • 一定の要件を満たす高等学校等専攻科を修了した者
  • ※高等学校、中等教育学校後期課程または特別支援学校高等部の専攻科を修了した者のうち,学校教育法第58条の2(同法第70条第1項及び第82条において準用する場合を含む。)の規定により大学に編入学できるもの
  • 専門学校を修了した者( 専修学校の専門課程を修了した者のうち,学校教育法第132条の規定により大学に編入学することができるもの)
  • 大学の学生として2年以上在学し62単位以上を修得した者
  • 旧国立工業教員養成所を卒業した者
  • 旧国立養護教諭養成所を卒業した者
  • 外国で14年以上の学校教育の課程を修了した者


独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構の記事一覧

カテゴリーリスト