令和4年度大学等の質保証人材育成セミナー第2回

「高等教育と生涯学習を横断する質保証-高等教育と職業教育・労働市場との接続-」

日時:2022年12月5日(月) 14:00-16:30

実施方法:ウェブ会議システムを利用したオンライン開催

主催:独立行政法人大学改革支援・学位授与機構

 

開催趣旨

現在、日本型雇用の問題点が指摘されるとともに、リカレント教育の推進が優先事項として掲げられています。これまでは新規学卒一括採用がある限り、日本ではリカレント教育は有効性をもたないというのが一般的な認識でした。

しかし職業人生の長期化と、第四次産業革命と呼ばれる産業構造の大きな変化により、従事していた仕事がなくなり、キャリアの途中での転職が必要になるケースが増加することが見込まれています。人々は急激な労働市場の変化に対応せざるを得なくなっているのです。

これまで産業構造の変化に対して取り組んできたのは、主に公的職業訓練や民間の職業訓練機関でした。しかし今日においては、大学での学びの重要性も高まりつつあります。どのようにすれば、人々は希望する職業において自分に不足するスキルを把握し、必要な学びにつなげていくことができるのでしょうか。また大学をはじめとする高等教育機関は、労働市場において評価される学びをどのように作っていくことができるのでしょうか。

本セミナーでは、教育・訓練の提供側が行ってきた取り組みと、需要側(雇用者と被雇用者)のニーズを概観し、「質保証」という切り口から高等教育機関がいま為すべきことを議論します。

プログラム・講演資料

     
14:00 開会あいさつ
14:05 「質保証」への期待ー労働研究の立場からー
 堀 有喜衣:労働政策研究・研修機構 副統括研究員
 
14:35 専門職大学が産業界の要請に応えるには
 古賀 稔邦:情報経営イノベーション専門職大学 理事・副学長
 
15:00 社会の変革に応じたITリカレント教育プログラムの設計
 山口 理栄:青山学院大学 社会情報学研究科ADPISAプロジェクト プロジェクト教授
 
15:20 質疑応答
15:30 休憩
15:35 大学が「社会人から選ばれる」教育機関となるために
 乾 喜一郎:リクルート進学総研 主任研究員(社会人領域)
 
16:00 全体ディスカッション
16:30 閉会
 

参加登録
登録はこちら から!   
  
※登録締切:2022年12月2日(金)

 
 

セミナー第1回の情報
第1回の資料・動画はこちら から!   

 

運営事務局

大学改革支援・学位授与機構評価事業部評価企画課 企画第2係
 Mail: hyokikaku2[at]niad.ac.jp ※[at]を@に変えてください。

 


PDF-file PDFファイルです。WEB上で見ることもできますが、表示に時間がかかることもあります。
ダウンロード(ファイルに保存)して参照することをおすすめします。

〒187-8587 東京都小平市学園西町1-29-1

電話 : 042-307-1500(代)

ページの先頭へ

©copyright 1998 National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education