メールマガジン配信サービス

>>バックナンバー一覧に戻る
===============================
目次
===============================
1.質保証に関するトリビア・豆知識
海外動向記事の内容について読者の方々により深く理解していただくために、
質保証に関係する用語や過去記事について解説します。
今回のテーマは「世界大学ランキング」です。

2. 海外動向記事
平成30年2・3月に当機構ウェブサイトに掲載した動向記事9件
(欧州3件、英国2件、オランダ1件、中国1件、香港1件、
オーストラリア1件)を紹介します。
ぜひアクセスしてご覧ください。

3.QAなるほどトピックス
当機構スタッフによるコラムを2件追加しました。
今回のコラムテーマは
「評価制度への雇用者の参画―卒業後に活かせる学びをともにデザインする」
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/27/qatopi2/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
と、
「魅力的な欧州留学-エラスムス・プラスで多様性に触れる」
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/27/qatopi3/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
です。

4. イベント・刊行物
昨年8月7日(月)に開催した、当機構主催の大学質保証フォーラム
「教員と職員‐学生のための大学をつくる‐」の報告書を掲載しました。
http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/event/no17_NIAD-QE_University-Quality-Assurance-Forum-2017.pdf

==========================================
1.質保証に関するトリビア・豆知識
==========================================
今回は、「世界大学ランキング」をテーマに取り上げます。


有名な世界大学ランキングとして、Times Higher Education(THE)ランキング、
QS世界大学ランキング、上海交通大学が行う世界大学学術ランキングなどがあります。
例えば、THEランキングでは評価基準として、教育(30%)、研究(30%)、
論文被引用数(30%)、国際性(7.5%)、産業界からの資金調達(2.5%)
を挙げて大学のランク付けを行っています。

◇【オーストラリア】オーストラリア:THE世界大学ランキング、今後の順位に懸念
https://qaupdates.niad.ac.jp/2017/11/02/australia-the-world-university-rankings-2018/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320



世界大学ランキングが学生の留学の意思決定に影響する例も報告されています。
英国高等教育国際ユニットのレポートによれば、学生の留学の意思決定に
影響を与えた者(媒体)として、
大学のウェブサイト(38%)、家族(35%)、友人(34%)、
大学ランキング(33%)、留学エージェント(26%)が回答の上位でした。
なお、大学ランキングが影響を与えたという回答について、
国別にみると、シンガポール(45%)、香港(43%)、
マレーシア(42%)からの留学生で高い割合となった一方、
中国(24%)や米国(18%)では比較的低かったということです。

◇【英国】学部海外留学の意思決定- 出身国によって多様な影響
https://qaupdates.niad.ac.jp/2016/01/20/outbound-decision-making/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320


国によっては、政府が世界大学ランキングの順位に関する目標を掲げたり、
あるいはこうした目標を掲げるべきであると監査機関が提言したりしています。

◇【マレーシア】マレーシア高等教育計画2015-2025の発表
https://qaupdates.niad.ac.jp/2015/07/21/blueprint/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320

◇【フランス】フランスにおける世界大学ランキングへの考え方
https://qaupdates.niad.ac.jp/2017/09/29/france_international_ranking/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320


一方で、こうした世界大学ランキングに対しては批判がなされることがあります。
当機構が平成26年度に開催した大学質保証フォーラム
「大学の多元的道しるべ~ランキング指標を問う~」では、
次のような点が指摘されました。

- 大学を機関単位で判断しており、プログラムの多様性を考慮していない
- 総合研究大学を理想としているため研究に関する指標に偏っており、
  教育に関する指標のウェイトが低い
- 出版物データベースでは非英語論文が増加しているにも関わらず、
  英語での出版物に価値を置く偏向がある
- 論文に関する指標は、発表が盛んな自然科学分野には有利に、
  一方で人文・社会科学分野では不利になる偏向がある 等

平成26年度大学質保証フォーラム報告書
http://www.niad.ac.jp/n_kenkyukai/no13_2014forum_report.pdf

===============================
2. 海外動向記事
===============================

◇【欧州】「準学士」と「博士」を追加:ベネルクス3国、
学位の自動認証で人材の流動性は高まるか?
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/02/05/benelux_he_autorecog/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
ベネルクス3国がすべての学位を相互に認証へ。人材の往来を高めるため、
今後は職業教育資格にも対象を広げるとの報道もある。

◇【欧州】欧州教育圏(European Education Area)構築に向けて
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/02/19/europeaneducationarea/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
2025年までに欧州教育圏(European Education Area)の構築が決定。
学習者の更なるモビリティ促進に期待。

◇【欧州】欧州:教員に求められる新たなFD、「デジタルコンピテンス」の習得
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/13/faculty_digital_competence/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
欧州の生涯学習のためのキーコンピテンスである、デジタルコンピテンス。
普及に向けた取組みとして、教員の自己評価の共通参照枠組:DigCompEduを発表。

◇【英国】イギリス:大学代表側の提言により、3つの高等教育の支援組織が統合へ
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/12/ecuhealfhe2018/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
イギリスでは大学代表側の提言により、3つの高等教育の支援組織が統合へ。
統合前の問題点とは?

◇【英国】英国高等教育質保証機構(QAA)が教育省大臣から指定:
質保証業務を継続
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/13/qaadesignated2018/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
イギリスのQAAが教育省大臣から質保証機関に指定される。イングランド地方で
質保証業務を継続することが決定。

◇【オランダ】蘭:学生らの反対を受けフローニンゲン大学がオランダ初の
中国ブランチキャンパスを断念
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/13/groningennetherland/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
オランダ・フローニンゲン大学の中国キャンパス設置計画が事実上の中止に。
中止を決定づけたのは学生代表や教職員代表の反対。

◇【中国】中国:CDGDCが学科評価(分野別評価)の結果発表
―ランキングを廃止、9つの格付けで表示
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/02/13/cdgdc_discipline_evaluation/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
中国:CDGDCが学科評価(分野別評価)の結果を発表。
公的機関による格付けとあって、各方面からの注目を集めている。

◇【香港】香港:香港学術及職業資歴評審局(HKCAAVQ)がオンラインによる
資格評価(Qualifications Assessment)サービス(QA i-Portal)を開始
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/02/13/hkcaavq_qa-i-portal/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
香港のHKCAAVQが海外で取得した資格に関するオンラインでの
資格評価サービス(QA i-Portal)を開始。

◇【オーストラリア】オーストラリア:大学等の高等教育機関の収入と
支出の構造
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/12/australia-universuty-financial-metrics/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
-------------------------------------------------------------
2016年度では、支出が収入を上回っている高等教育機関は20%。
大学の主な収入源は、政府補助金(41%)、授業料(国内学生25%、留学生19%)。

==============================
3.QAなるほどトピックス
==============================
読者の皆様により理解を深めていただくため、毎月お届けしている記事の背景等
を盛り込んだコラムの掲載をしています(不定期掲載)。

今回のコラムテーマは
「評価制度への雇用者の参画―卒業後に活かせる学びをともにデザインする」
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/27/qatopi2/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
と、
「魅力的な欧州留学-エラスムス・プラスで多様性に触れる」
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/27/qatopi3/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180320
です。

当機構のスタッフが現地調査等により得た情報を基に作成したものです。
ぜひご覧ください。

===============================
4. イベント・刊行物
===============================
昨年8月7日(月)に当機構が開催した、大学質保証フォーラム
「教員と職員‐学生のための大学をつくる‐」の報告書を作成しました。
海外や国内からの有識者を招き、英・米・豪などの様々な事例を考察しながら、
教職員の質をいかに向上させ、役割を分担していくべきかについて議論した
内容を収録しています。

本報告書は以下のURLからPDF版を無料でダウンロードいただけます。
http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/event/no17_NIAD-QE_University-Quality-Assurance-Forum-2017.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NIAD-QE 海外高等教育質保証動向ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバー[http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/publish/merumaga/back_number/]


Twitterにて配信中![https://twitter.com/NIAD_JPN]

■ 編集・発行 (お問合せ先)
大学改革支援・学位授与機構 評価事業部国際課
E-Mail: kokusai@niad.ac.jp
-------------------------------------------------------
本案内の配信停止を希望される場合は、お手数ですが、以下のURLから
手続きをお願いいたします。
https://acsurvey.qualtrics.com/SE/?SID=SV_77mxVivZJpi88E5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン配信サービス

>>バックナンバー一覧に戻る
===============================
目次
===============================
1.質保証に関するトリビア・豆知識
海外動向記事の内容について読者の方々により深く理解していただくために、
質保証に関係する用語や過去記事について解説します。
今回のテーマは「英国の学生局(OfS:Office for Students)」です。

2. 海外動向記事
平成30年3月・4月に当機構ウェブサイトに掲載した動向記事4件
(欧州2件、英国2件)を紹介します。
ぜひアクセスしてご覧ください。

==========================================
1.質保証に関するトリビア・豆知識
==========================================
今回は、「英国の学生局(OfS:Office for Students)」をテーマに取り上げます。

英国では2018年4月から学生局(OfS:Office for Students)が本格的に業務を開始し、
質保証制度の改革が進められています。
学生局は高等教育・研究法に基づいて2018年1月に新設された機関で、
主にイングランド地方で高等教育の質保証や規制等を行います。

英国ではこれまで高等教育機関に対して規制を行う権限が複数機関に分散されており、
規制枠組が複雑であることが課題となっていました。
学生局はこの分散した権限を集中させた機関として設立され、
2019年8月から新たな規制枠組を開始する予定となっています。


学生局の新設に伴い、2018年4月からイングランド地方で
質保証業務を行う機関の選定が実施されました。
結果、英国高等教育質保証機構(QAA)がこれまでの実績を評価され、
2018年4月から学生局のもと質保証業務を行うことが決定しました。

◇【英国】英国高等教育質保証機構(QAA)が教育省大臣から指定:質保証業務を継続
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/13/qaadesignated2018/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420


学生局が取り組む業務の中で注目されているものの1つに
教育卓越性枠組(TEF:Teaching Excellence and Student Outcomes Framework※)
があります。
※昨年、Teaching Excellence Frameworkより改称。

教育卓越性枠組(TEF)とは、2016年から段階的に導入された制度で、
英国の各高等教育機関における教育及び学習の卓越性について評価し、
表彰することで、学生の大学進学先の選択等に役立つ情報を提供するものです。
また、高評価を得た機関には授業料を増額できるという
インセンティブを提供することによって、各機関に競争を促しています。

◇【英国】ビジネス・イノベーション技能省が政策文書の中で
教育卓越性枠組(TEF)の具体的な制度案を提示
https://qaupdates.niad.ac.jp/2016/06/13/bis2016/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420


◇【英国】英:教育卓越性枠組(導入2年目)の概要について
https://qaupdates.niad.ac.jp/2017/03/28/hefce2017/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420


◇【英国】イギリスで教育卓越性枠組(TEF)の評価結果が公表
https://qaupdates.niad.ac.jp/2017/08/09/uktef2017/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420


2016年度から実施されている機関別TEFに加えて、
2017年秋からは分野別TEFも試行的に実施されており、
2019年秋からの本格実施に向けて注目が集まっています。

◇【英国】留学先の選び方が変わる?イギリスが分野別TEFを試験的に導入
https://qaupdates.niad.ac.jp/2017/10/10/subjectleveltef1/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420


また、英国の質保証制度については下記の資料にまとめておりますので、
こちらもご覧ください。

諸外国の高等教育分野における質保証システムの概要「英国」:追補資料
http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/info/uk/uk2017.pdf


===============================
2. 海外動向記事
===============================

◇【欧州】ベルギー・フランダース地方で新たな質保証システムへの完全移行が決定
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/04/09/belgiuminstitutional2018/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420
-------------------------------------------------------------
ベルギー・フランダース地方でのNVAO による評価が、2020年からプログラム評価から機関別評価に。
例外の場合も含めて紹介。

◇【欧州】学歴詐称と戦う入学・採用現場の人へ―「偽の学位」を見分ける5ステップ
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/04/16/fraudoc_guide/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420
-------------------------------------------------------------
大学であると偽り、通用性のない学位を販売する「ディプロマミル」への
対策をまとめたガイドブックが公表された。欧州6か国によるプロジェクトの成果。
大学や企業で入学/採用希望者の書類を処理する職員向けに、存在が疑わしい大学の
学位を5段階で調査し、学歴詐称を防止する方法を紹介。

◇【英国】英国高等教育質保証機構(QAA)が2016-2017年度の年次報告書を公表
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/03/30/qaaannualreport20162017/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420
-------------------------------------------------------------
イギリスのQAAが2016-2017年度の年次報告書を公表。
2016年に始まった新たな質保証制度の下での実績を紹介。

◇【英国】イギリスの代替プロバイダー(公的な補助を受けない高等教育機関)が直面している5つの課題とは?
https://qaupdates.niad.ac.jp/2018/04/04/ukgateways/?utm_source=mailmag&utm_medium=email&utm_campaign=180420
-------------------------------------------------------------
イギリスで公的な補助を受けない高等教育機関は公立機関に比べて負担が大きいと問題に。
新規参入において抱えている5つの課題とは?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NIAD-QE 海外高等教育質保証動向ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバー[https://www.niad.ac.jp/consolidation/international/publish/merumaga/kokusai_bkno/]


Twitterにて配信中![https://twitter.com/NIAD_JPN]

■ 編集・発行 (お問合せ先)
大学改革支援・学位授与機構 評価事業部国際課
E-Mail: kokusai@niad.ac.jp
-------------------------------------------------------
本案内の配信停止を希望される場合は、お手数ですが、以下のURLから
手続きをお願いいたします。
https://acsurvey.qualtrics.com/SE/?SID=SV_77mxVivZJpi88E5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構の記事一覧

カテゴリーリスト