ソーシャル・ファイナンスの概要


当機構は、株式会社日本格付研究所(JCR)からソーシャル・ファイナンスに関する第三者評価を取得しました。 「ソーシャル・ファイナンス」とは、社会的課題解決に向けたプロジェクトに充当することを目的とした資金調達手段です。

当機構は、国際資本市場協会(ICMA:International Capital Market Association)が定義するソーシャルボンド原則に適合している旨、第三者評価機関であるJCRの評価を受け、「ソーシャル・ファイナンス・フレームワーク」に「Social 1(F)」、「第 4 回大学改革支援・学位授与機構債券」に「Social 1」を付与されました。これにより、今後、当機構が本フレームワークで調達する債券は、ソーシャル・ファイナンスとして扱われることとなります。

当機構は、これまでも調達した資金を国立大学附属病院の「設備整備(医療機械購入)」のための貸付けに充当し、先進医療の提供と地域の急性期医療対応及び医学の教育研究環境の充実を支援してきました。当機構は本件を通じて、より多くの方々に当機構の事業の取り組みについて理解を深めていただきながら、ソーシャル・ファイナンスにより調達した資金を活用し、引き続き国立大学附属病院への支援を通じて、すべての人々の健康的な生活を確保し、福祉の促進及び質の高い医学教育の確保に貢献してまいります。


ソーシャル・ファイナンスによる調達実績


債券の名称 募集開始日
(条件決定日)
発行日 年限 発行額
 第4回機構債券  令和2年2月7日 令和2年2月28日  5年  60億円

投資表明

当機構債券への投資を表明いただいた投資家をご紹介します。(50音順)


株式会社池田泉州銀行
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社 
株式会社東海理化電機製作所
株式会社名古屋銀行
株式会社日本貿易保険
株式会社三菱UFJ銀行

〒187-8587 東京都小平市学園西町1-29-1

電話 : 042-307-1500(代)

ページの先頭へ

©copyright 1998 National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education