モニタリング+

モニタリング+共同モニタリング報告書共同モニタリング基準実施体制・手順

日中韓の質保証機関(日本:大学改革支援・学位授与機構、中国:中国教育部高等教育教学評価センター、韓国:韓国大学教育協議会)は、「キャンパス・アジア」本格実施(第2モード)プログラムに対するモニタリング(通称:モニタリング+(プラス))を2018年から2019年にかけて実施しました。 モニタリング+の実施にあたっては、これまでのモニタリングの経験を基に作成した共同ガイドライン『Joint Guidelines for Monitoring International Cooperative Academic Programs in CAMPUS Asia』の枠組みに沿って実施しました。

実施体制・手順共同モニタリング報告書共同モニタリング基準モニタリング+

モニタリング+の実施にあたっては、2次モニタリング同様、高等教育の国際化や国際共同教育プログラムの知見を有する日中韓の学識経験者・有識者及び質保証機関関係者等からなる「キャンパス・アジア」共同モニタリング委員会及び「キャンパス・アジア」共同モニタリング部会を設置しました。

モニタリングの実施方法については、これまでのモニタリングを通じて共通の質保証の枠組みが構築できたこと並びに、日中韓の質保証機関間で相互信頼が深化したことを踏まえ、モニタリング対象となる新規採択の9プログラムを、3か国の質保証機関で以下のとおり3プログラムずつ分担してモニタリングを実施しました。
日本:東京大学、大阪大学、早稲田大学
中国:東京学芸大学、東京海洋大学、長崎大学
韓国:千葉大学、東京芸術大学、九州大学
※大学名は日中韓の大学により構成されるコンソーシアム内の日本側のみ記載。

モニタリング+の実施手順は、以下のとおりです。

共同モニタリング基準共同モニタリング報告書実施体制・手順モニタリング+

モニタリング+の共同モニタリング基準は、基本的には2次モニタリングと同様ですが、基準5のみ、サブ基準をなくして「継続的な質の向上」を基準としました。

共同モニタリング報告書共同モニタリング基準実施体制・手順モニタリング+


『CAMPUS Asia Monitoring+ Joint Monitoring Report』
(2019年12月/「キャンパス・アジア」共同モニタリング委員会)

モニタリング+の総括報告書として、日中韓の大学による共同教育プログラムの優良事例や更なる取組が
期待される点を集約したものです。モニタリング+で明らかになった「キャンパス・アジア」プログラムの
優良事例(計104件)を中心に掲載しつつ、2次モニタリング(2016年実施)における優良事例の一部
を併せて紹介することで、これまでのモニタリング活動の成果を1冊でご覧いただける内容となっています。
なお本報告書の日本語概要はこちらからご覧いただけます。