本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク
ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>フォーラム・セミナー
ここから本文です
国際連携・調査事業

english

大学質保証フォーラムフライヤー

平成29年度大学質保証フォーラム


「教員と職員‐学生のための大学をつくる‐」

日時:8月7日(月) 13:30開演


場所:一橋講堂(東京都千代田区)



主催:独立行政法人大学改革支援・学位授与機構
後援:大学基準協会、日本高等教育評価機構、短期大学基準協会、
認証評価機関連絡協議会、Asia-Pacific Quality Network




趣旨説明

社会で急速な変化が進展する中、大学の教育研究活動や管理運営においても、効果的かつ効率的な運営を実現する組織体制とそれを支える人材が求められています。

近年の学校教育法や大学設置基準等の改正により、教員と職員の協働や職員の能力開発(SD)の義務化等が定められるなど、教員と職員の質の重要性が再認識され、両者の意識改革及び相互理解、職員の能力開発をどのように進めていくべきかについては、今後、議論を深めていく必要があります。

今回の大学質保証フォーラムでは、米・英・豪の大学や質保証関係者の経験からさまざまな実践を理解し、教員と職員の質をいかに向上させ、両者が役割をどのように分担していくべきかについて明らかにしていきます。

ページ上部へ ۩


プログラム (日英同時通訳)



12:30 開場
 
13:30 開会挨拶
 福田 秀樹 (大学改革支援・学位授与機構長)
 
13:40 趣旨説明
 武市 正人 (大学改革支援・学位授与機構研究開発部長)
 
13:50 基調講演Ⅰ
 Anthony McClaran (オーストラリア高等教育質・基準機構CEO)
"Sharing the burden: the role of agencies and faculty in developing and sustaining quality assurance in higher education"
 
14:30 基調講演Ⅱ
 Richard Saller (スタンフォード大学人文・理学部長及び欧州研究所教授)
"Faculty, Staff and Governance in American Research Universities"
 
15:10 休憩
 
15:30 パネルディスカッション
(国内パネリストによる事例発表及び海外事例に係る意見交換、総括討論、会場からの質疑応答等)

 Anthony McClaran (オーストラリア高等教育質・基準機構CEO)
 Richard Saller (スタンフォード大学人文・理学部長及び欧州研究所教授)
 郡 千寿子 (弘前大学理事(研究担当)・副学長)
「弘前大学の取り組み」
 小野 成志 (根津育英会武蔵学園理事)
「教員と職員のこれから」
 大場 淳 (広島大学高等教育研究開発センター副センター長准教授)
「大学の組織運営と教職員」

モデレーター:
 土屋 俊 (大学改革支援・学位授与機構研究開発部教授)
 
17:20 閉会挨拶
 岡本 和夫 (大学改革支援・学位授与機構理事)
 
17:30 閉会
 
17:45 情報交換会
 
*事前の予告なしに内容を変更することがあります。

ページ上部へ ۩


情報交換会 

登壇者との交流や参加者同士の情報交換の場を設けます。
時間:フォーラム終了後 17:45-18:55
会場:学術総合センター3階
会費:2,000円(当日支払・現金のみ)

ページ上部へ ۩


公開研究会の開催

大学質保証フォーラムの翌日午前に、フォーラムに登壇する2名の外国人有識者を招き、教職協働にかかる考え方や海外の実践について理解を深めるための公開研究会を開催いたします。

日時:8月8日(火)10:00-12:40
会場:学術総合センター11階 1112会議室
定員:40名

プログラム(日英逐次通訳)
10:00 開会
10:05 講演Ⅰ
 Anthony McClaran (オーストラリア高等教育質・基準機構CEO)
"Sharing the burden: the role of agencies and faculty in developing and sustaining quality assurance in higher education"
11:15 講演Ⅱ
 Richard Saller (スタンフォード大学人文・理学部長及び欧州研究所教授)
"Faculty roles in governance in American Research Universities"
12:25 総括討論
12:40 閉会

ページ上部へ ۩


アクセス 

一橋講堂:東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階


 東京メトロ東西線 「竹橋」 1B出口  徒歩4分
 都営三田線、 都営新宿線、 東京メトロ半蔵門線 「神保町」 A8出口徒歩4分

ページ上部へ ۩


参加登録

大学質保証フォーラム及び公開研究会への事前参加登録を締め切りました。たくさんの参加登録を誠にありがとうございました。なお、当日の座席にまだ若干余裕がございますので、参加を希望される方は当日受付まで直接お越し願います。

ページ上部へ ۩


問い合わせ

大学改革支援・学位授与機構 評価事業部国際課 国際第2係
 042-307-1624
 kokusai [at※] niad.ac.jp
@に変えて下さい。

ページ上部へ ۩

  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>フォーラム・セミナー