<専攻科の認定> <教育の実施状況等の審査>
 大学改革支援・学位授与機構は,短期大学又は高等専門学校におかれる専攻科のうち機構が定める要件を満たすものについて,学位規則(昭和28年文部省令第9号)第6条第1項に規定する専攻科として認定します。  認定を受けた専攻科における教育の実施状況等について,認定又は再審査の結果の通知日の5属する年度の次年度の4月1日から原則として5年後に審査を行い,その後,原則として7年ごとに審査を行います。


→認定の事務手続き御担当者はこちら →認定専攻科における事務手続き御担当者はこちら
(教育の実施状況等の審査,学則変更及び専攻科の廃止等)

大学の諸活動に関する測定指標の調査研究

大学評価をより客観的かつ公平な質の高いものにするためには、大学の様々な側 面についての定量的・定性的指標が必要となります。しかし、大学の指標として いかなるものが考えられるのか、その利用や解釈の問題点は何か、いかなる方法 で指標を用いるのが有効であるのかという点は依然として定かではありません。
本研究では、大学評価への指標の利用可能性とその限界を明らかにすることを目 的とし、大学が行う様々な活動の特徴を示す、定量的・定性的指標に関する研究 を行っています。
これまで、国内外で大学評価及びその他の評価や管理運営などで用いられている 指標やその構成概念を調査することにより、望ましい指標群の構造や実際の利用 における影響や問題点などを検討してきました。今後、さらに、いくつかの個別 の指標について、実際に具体的な分析、例えば、論文データベース等を用いた研 究活動に関する指標の分析、授業評価や卒業生の就職動向を含めた教育活動に関 する指標の分析、大学の財務・会計面の指標に関する分析などに着手することを 予定しています。
これらにより、実際の個別データレベルにおいて、分析や解釈にいかなる問題が生じるかを具体的に明らかにしていきます。

報告書ダウンロード

平成15~17年度 調査研究報告書(PDF形式、4.3Mバイト)


独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構の記事一覧

カテゴリーリスト