インドネシアの質保証機関との連携

国立高等教育アクレディテーション機構
(Badan Akreditasi Nasional Pendidikan Tinggi: BAN-PT)
※英名:The National Accreditation Agency for Higher Education (NAAHE)
概要 1990年代に策定された国家計画を受け高等教育に対するアクレディテーション活動を進めるために1994年に設立された公的機関。政府から認証を受けて機関別、教育課程別のアクレディテーションを実施。
当機構との連携状況 当機構とBAN-PTは、主に国際的な質保証ネットワークを通して交流を深めていたところ、2010年に当機構が開催したセミナーにて実質的な連携協力に向けた対話を行ったことを契機に、2011年3月に覚書を締結。今後は、公式なパートナー機関として質保証に関する情報の交換、スタッフ育成を目的とした人材交流、質保証プロジェクトへの参画等、質保証に主眼を置いた協力関係を更に強化していくこととしている。なお、2017年3月6日に覚書を更新した。
実績

協力事業

日本・ASEANインフォメーション・パッケージに関する内部セミナー(2010年9月30日)
セミナー概要・資料掲載ページ|ニュース記事【機構ニュース第89号】

インドネシア質保証機関(BAN-PT)評価者研修
2010年9月29日-10月8日 於:東京 大学評価・学位授与機構主催


Hidayat Syarief BAN-PT理事による講演会
2013年3月18日 於:東京 大学評価・学位授与機構主催

設立年 1994年
所在地 ジャカルタ (インドネシア)
代表者 Prof. Dr. Mansyur Ramly(Chair)
設立目的
  • インドネシアにおいて信頼ある、説明責任を持った、責任ある形でアクレディテーションを実施すること
  • 高等教育の外部質保証に関する国民教育省の戦略計画を実現すること
組織の性格 公的な独立機関 (国家教育省所管)
構成
  • 理事会(Chairを含め11~15名で構成。国家教育大臣が任命)
  • 事務局(国家教育省研究開発庁の事務総長が事務局長を兼務)
  • 評価にあたっては専門家チーム、評価者チーム、特別委員会を組織
主な任務
  • 高等教育のアクレディテーションに関する政策策定とその実施
  • アクレディテーションの基準・ツールの開発ならびに国民教育大臣への提案
  • アクレディテーションの社会への普及
国際組織加盟状況 INQAAHE (Full Member)、APQN (Full Member)、AQAN (ASEAN質保証ネットワーク: Full Member)、AQAAIW (イスラム世界の質保証機関ネットワーク: Full Member)
Webサイト http://ban-pt.ristekdikti.go.id/
データ作成日 2017年7月19日

〒187-8587 東京都小平市学園西町1-29-1

電話 : 042-307-1500(代)

ページの先頭へ

©copyright 1998 National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education