フランスの質保証機関との連携

研究・高等教育評価高等審議会
(The High Council for Evaluation of Research and Higher Education: HCERES)
概要 HCERESは、フランスの高等教育質保証において重要な役割を果たす独立した評価機関で、フランス国内において機関別評価を行う唯一の組織である。HCERESの前身機関である研究・高等教育評価機構(AERES)は2007年に設立され、2014年にAERESはHCERESへと改組された。HCERESはフランス本土及び仏領を5つの地域に区分(グループA~E)し毎年度それぞれの地域に所在する高等教育・研究関係機関の評価を行っている。フランスは数少ない私立を除き、ほとんどすべてが公立の機関であるが、大学、グランゼコール、技術短期大学など多様な高等教育機関が存在し、研究機関も数多く存在する。HCERESは、機関別評価、研究ユニット評価、プログラム・学位評価の3つの評価の実施を通してこれら多様な機関高等教育・研究機関と共同でフランスの研究、教育の質を向上させることを使命としている。
当機構との連携状況 当機構は、2011年3月30日に、今後一層の情報共有、人材交流を促進していくことで一致し、HCERESの前身であるAERESとの間で覚書を締結、2016年6月8日にHCERESとの間で覚書を更新した。
設立年 2014年(前身機関であるAERESは2007年に設立)
所在地 パリ (フランス)
代表者 Michel Cosnard(President)
設立目的 ボローニャ・プロセスの流れの中、欧州内での勧告や決定に従い、フランスの高等教育・研究機関の高等教育の質を向上の一端を担うため設立された。フランスのすべての高等教育・研究機関、研究ラボ、高等教育プログラムを対象に評価を実施する。
組織の性格 一般のエージェンシーとは異なり、Higher Councilと位置づけられる。
構成
  • 高等教育関係者25名で構成される理事会の助言により機構長(President)が指揮を執る。
  • 機構長の下に3つの評価部門(高等教育機関評価部門、研究ユニット評価部門、プログラム・学位評価部門)及び管理部門が置かれている。
主な任務
  • 研究機関、高等教育・研究機関、科学技術協力機関の使命とその活動を評価すること
  • 上記機関の研究ユニット(学部など)を評価すること
  • 高等教育機関のプログラム及び学位を評価すること
  • 研究機関の職員評価手順を承認、及び実施状況について助言を与えること
    (ただし、職員への評価そのものには関与しない)
国際組織加盟状況 INQAAHE(Full Member)、ENQA(European Network for Quality Assurance)、ECA
Webサイト http://www.hceres.fr/(フランス語)
データ作成日 2016年3月16日

〒187-8587 東京都小平市学園西町1-29-1

電話 : 042-307-1500(代)

ページの先頭へ

©copyright 1998 National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education